スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市の責任認める=「事故は予見可能」-火災現場で崩落、消防士死亡・地裁(時事通信)

 2006年6月、名古屋市中村区の民家が火災で崩落し、消火作業中だった同市消防局の消防士長太田英伸さん=当時(27)=が死亡したのは、安全配慮を怠ったのが原因として、両親が名古屋市を相手に計5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、名古屋地裁であり、多見谷寿郎裁判長は「事故は予見でき、作業をさせるべきではなかった」と述べ、市の責任を認めた。一方、公的給付金が既に支払われ、損害は補てんされているとして、請求は棄却した。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か

首相動静(3月21日)(時事通信)
<国立大評価制度>交付金増額…トップは奈良先端大学院大(毎日新聞)
秋篠宮さま、眞子さまご帰国(産経新聞)
建設会社のガラス戸に弾痕…福岡・嘉麻(読売新聞)
【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)
スポンサーサイト

足利事件再審 判決要旨(2)(産経新聞)

 イ 菅家氏の自白について

 菅家氏が、本件で取り調べを受けた当日に自白し、それ以降捜査段階において一貫して自白を維持していたこと、公判廷において、被害者を誘い出した目的などについて、捜査段階と一部異なる内容の供述をすることもありながら公判の最終段階に至るまで自白自体は維持していたこと、捜査官の強制や誘導などが行われたことをうかがわせる事情はないこと、弁護人に対してもほぼ一貫して事実を認めていたこと、自白内容自体についても自然で信用性に疑問を差し挟む事情が認められないことなどの事情から、菅家氏の自白は信用できる。

 (3)菅家氏は、1審判決を不服として、平成5年7月8日、東京高等裁判所に控訴の申し立てをしたが、平成8年5月9日に宣告された控訴審判決についても、1審判決とほど同様の認定がなされた。すなわち、まず、本件DNA型鑑定の証拠能力については、本件DNA型鑑定は、科学理論的、経験的な根拠を持っており、より優れたものが今後開発される余地はあるにしても、その手段、方法は、確立された、一定の信頼性のある、妥当なものと認められ、専門的知識と経験ある練達の技官によって行われたものであるから、証拠能力は認められる。また、本件DNA型鑑定の信用性については、123マーカーの型判定用指標としての適格性に問題が生じているとの主張に対し、後にMCT118法でDNA型鑑定を行う際、123マーカーではなくアレリック・マーカーが使用されることになったが、両者は相互対応が可能であり、123マーカーで判定された型番号自体がそのままMCT118部位の塩基配列の反復回数を示すものではないとしても、型判定作業が同一条件下で行われる限りなお異同識別に十分有効であるなどとして、その信用性は認められるとした。

 また、菅家氏の自白については、取り調べの当初、菅家氏が主張するような、菅家氏を小突くなどの言動が警察官にあったとしても、菅家氏の自白前後の様子や自白内容などに照らして任意性に影響する事情ではないとした上で、菅家氏自身、1審および控訴審の各公判廷において、捜査官の取り調べの際に誘導されたり、供述を押しつけられたりしたことはない旨述べていることなどを総合的に考慮し、取り調べに際し、捜査官が菅家氏に対して殊更誘導、強制を加えた事実は認められず、菅家氏の自白に任意性は認められるとした。また、信用性の点についても、内容の合理性や客観的事実との整合性、自白内容の変遷などに詳細な検討を加えた上で、菅家氏の自白は信用できるとした。

 (4)菅家氏は、平成8年5月9日、控訴審判決を不服として上告申し立てをしたが、最高裁判所は、平成12年7月17日、弁護人らの上告趣意はいずれも上告理由に当たらないとした上で、職権で、菅家氏が犯人であるとした原判決に、事実誤認、法令違反があるとは認められないとし、なお書において、要旨次のとおりの判断を示して、上告を棄却する決定をした。

 「本件で証拠の一つとして採用されたいわゆるMCT118DNA型鑑定は、その科学的原理が理論的正確性を有し、具体的な実施の方法も、その技術を習得した者により、科学的に信頼される方法で行われたと認められる。したがって、右鑑定の証拠価値ついては、その後の科学技術の発展により新たに解明された事項なども加味して慎重に検討されるべきであるが、なお、これを証拠として用いることが許されるとした原判断は相当である。」

 その後同決定に対する異議申し立ても棄却され、菅家氏を無期懲役とした1審判決が確定した。


3 再審開始決定の経緯

 (1)菅家氏は、平成14年12月25日、新たに行った菅家氏の毛髪のDNA型鑑定の結果と本件DNA型鑑定の結果とが異なる旨の検査報告書や、菅家氏の自白内容が客観的な被害者の死体所見と矛盾する旨の鑑定書など、菅家氏に対して無罪を言い渡すべき明らかな証拠をあらたに発見したとして、宇都宮地方裁判所に対して再審請求を行った。しかし、同裁判所は、平成20年2月13日、これらの証拠はいずれも菅家氏に対して無罪を言い渡すべきことが明らかな証拠には該当しないとして、前記再審請求を棄却する旨の決定をした。

 (2)菅家氏は、平成20年2月18日、この決定を不服として、東京高等裁判所に即時抗告の申し立てをした。同裁判所は、同年12月24日、前記検査報告書などの新証拠の内容、本件の証拠構造における本件DNA鑑定の重要性およびDNA型鑑定に関する著しい理論と技術の進展の状況などにかんがみ、菅家氏および本件半袖下着についてDNA型の再鑑定を行う旨の決定をした。具体的には、大阪医科大学教授鈴木廣一および筑波大学教授本田克也を鑑定人に命じ、本件半袖下着に付着していた体液と菅家氏から採取した血液などの各DNA型を明らかにして、それらが同一人に由来するか否かを判定させた。その結果、菅家氏のDNAの型と、本件半袖下着から検出された男性のDNAの型が一致しないことが判明した。そして、東京高等裁判所は、確定審の1審判決および控訴審判決が菅家氏を本件の犯人であると認定した根拠は、(1)前記各DNA型が一致したことと、(2)菅家氏の1審公判廷および捜査段階における自白供述が信用できることに集約でき、確定審判決が挙げるそれ以外の根拠は、菅家氏が本件の犯人であることと矛盾しないという証明力を持つに過ぎないとした上、鑑定により新たに判明した、DNA型が一致しないという前記事実からして、菅家氏が本件犯人ではない可能性が高いばかりか、菅家氏が有罪とされた根拠の一つである菅家氏の自白の信用性にも疑問を抱かせるに十分であり、結局、菅家氏が犯人であると認めるには合理的な疑いが生じているとして、平成21年6月23日、原決定を取り消した上、本件について再審を開始する旨の決定をした。

 以上のとおり、本件では、(1)DNA型鑑定、(2)菅家氏の自白の2つの証拠を重要な証拠として、菅家氏が犯人であると認定されたものであるから、以下、これらの証拠との関係で新証拠を踏まえて順に検討する。


第2DNA型鑑定について

1鈴木鑑定

 (1)鑑定の経過および結果

 前記のとおり、再審請求抗告審において、東京高等裁判所から鑑定人に命じられた鈴木教授は、平成21年1月23日から同年5月6日まで、本件半袖下着のうち、当時のDNA型鑑定の際に切り取られている数カ所の中心点をつないで左右に切り分けた形でこれを二分したものの一片について、これに付着する体液と菅家氏から採取した血液などの各DNA型の鑑定を行った。

 鈴木教授は、(1)多型性の程度、(2)検査の精度、(3)検査するDNA型の数、(4)総合的識別精度、(5)検査技術の水準、(6)検査時間、(7)検査コストなどを総合的に考えて作られた検査試薬と解析装置が、「商品」として世界中でほぼ独占的に販売され、「標準化」されていることを理由に、本件における鑑定の目的を達するのに現時点で最適な検査方法として、DNA型のうち、4個の塩基が単位となって反復しており、MCT118部位に比べ、その反復単位である塩基個数が短い、STRの検査を行った。具体的には、鑑定試料から抽出したDNAを市販の検査キット(Identifiler,MiniFiler,Yfiler,PowerPlexSE33)を使用してPCR増幅し、これをキャピラリー電気泳動法を用い、複数のSTRを自動化された解析装置で検査して型解析を行う方法で進められた。

 その結果、常染色体上の16個のSTRで14個の型が異なり、Y染色体上の16個のSTRで12個の型が異なっており、両試料はともに男性のものであるが、同一の男性には由来しないと判断された。

【関連記事 足利事件再審】
裁判長が菅家さんに謝罪
裁判長の謝罪全文
菅谷さん、法廷では笑顔なく
菅家さんに無罪判決
取り調べ可視化めぐり議論
あれから、15年 地下鉄サリン事件

マニフェスト大幅修正を=税収減で「相当無理」と指摘-岡田外相(時事通信)
郵政改革 郵貯上限2000万円に引き上げ…概要を発表(毎日新聞)
<雑記帳>新種?肉食恐竜の全身骨格を復元(毎日新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)

普天間移設2案、岡田外相が米大使に提示へ(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府が23日の関係閣僚会議で、移設先として、同県名護市にまたがる米軍キャンプ・シュワブ陸上部案と、同県うるま市の米軍ホワイトビーチ沖の埋め立て案の2案を正式に米側に提示する方針で一致したことが25日、わかった。

 複数の政府筋が明らかにした。岡田外相が25日中にもルース駐日米大使と会談し、2案を軸とした移設案を提示する。外相は28日に訪米し、クリントン国務長官らにも政府案を説明する方針で、具体案をもとにした対米交渉が本格的に始まることになる。

 23日の会議では、鳩山首相と外相、平野官房長官、北沢防衛相、前原沖縄相らが移設案について協議。関係筋によると、この場で、シュワブ陸上部案か、ホワイトビーチ沖の埋め立て案のどちらかに、鹿児島県の徳之島など、沖縄県外の数か所に訓練移転を組み合わせる案を米政府に提示することで、大筋一致したという。

 シュワブ陸上部とする場合には、500メートル級の滑走路を建設する案が最有力となった。訓練移設先としては、徳之島のほか、海上自衛隊大村航空基地(長崎県)、航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)などが列挙されたという。

 首相や関係閣僚は移設案について、「沖縄の負担が5割以上減った、と地元が実感できる案だ。基地の機能は沖縄に残すので、米国からも理解を得られるのではないか」との見方で一致したという。

 政府案については、北沢防衛相が25日午後、沖縄を訪れ、同日夜と26日の両日、仲井真弘多(ひろかず)知事と会談し、概要を説明する予定だ。

支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り-北海道(時事通信)
精子になりかけても逆戻り=精巣の幹細胞数を維持-マウスで発見・日米チーム(時事通信)
「つくられた感じ」「分かりやすい」=取り調べDVD映像に裁判員-名古屋(時事通信)
「先祖返りだ」郵政改革法案に自民が反発(産経新聞)
<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)

<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)

 23日午前3時55分ごろ、埼玉県ふじみ野市水宮、建設会社「ボルテック」(本社・福島県会津若松市)の関東事業所から出火、木造3階建て延べ約136平方メートルと、東西に隣接する木造2階建て住宅2棟の計3棟を全焼した。事業所の焼け跡から1人の遺体が見つかり、男性2人がやけどなどで病院に運ばれた。県警東入間署は、遺体は連絡の取れない20代の従業員男性とみて確認を急いでいる。

 同署によると、事業所は事務所と寮を兼ねている。建物には当時社員や従業員の男性計3人がおり、病院に運ばれた1人は逃げる際に2階から飛び降り、けがをした。もう1人はのどにやけど。【西田真季子】

【関連ニュース】
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市
強風:首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災
たまゆら火災:住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査
たまゆら:火災から1年 慰霊碑に思い込め

三宅島、避難指示解除から5年 島に脈打つ家族の絆(産経新聞)
白老バーガーの宣伝に一役=北海道物産展を満喫-首相(時事通信)
<高リスク妊婦>ヘリ搬送が増加 全国で毎年100件超(毎日新聞)
伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
外交専門誌、夏にも創刊=外務省(時事通信)

【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)

 あの日を鮮明に記憶している。平成13年9月1日、東京・歌舞伎町のビル火災で44人が命を落とした。

 当時は新宿署刑事課に勤務。署に泊まり込むことが多かったが、8月31日は久しぶりに帰宅していた。だが布団に入った瞬間、動揺した署員からの電話でビル火災を告げられた。

 タクシーに乗って署に急いだが、5人、10人と増える死者。署員を集めて、遺体の身元確認を仕切った。昭和60年、520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故でも、バラバラになった遺体の身元確認に携わった。遺族に「見つかっていない遺体の一部を探すため」と頼み、照合するための毛髪をもらった。

 「刑事とは被害者の痛みを分からないといけない。何が何でもホシをあげる信念を崩さない」。悲惨な現場を踏み、確固たる刑事像を持つ。

 刑事生活、31年。知能犯を捜査する捜査2課が長く、平成15年には福島県二本松市長による収賄事件の捜査を指揮した。前任の更迭を受けた急遽(きゅうきょ)の登板。捜査1課勤務は初めてだが、気負いはない。「1課には1課魂という情熱にあふれた刑事が多い。私も刑事。着実に結果を出す」

 世田谷一家4人殺害、八王子スーパー強盗殺人など重要未解決事件への思い入れは強い。鑑識課長時代から現場に足を運び、捜査資料を読み込んできた。「必ず糸口とか、見落とした物証があるんじゃないかと思っている。あきらめずに解決したい」 (高久清史)

【関連記事】
雑居ビル火災 生かされなかった教訓
歌舞伎町ビル火災 44人の冥福祈り献花
大阪パチンコ店火災 定期点検報告怠る
パチンコ店火災 過去にも相次ぐ大規模火災 施設側の責任問題のケースも
教訓にスプリンクラー強化 あの長崎屋火災20年…隊長定年

<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
<掘り出しニュース>飲んで寝ても大丈夫!? 深夜特急の停車時間延長 (毎日新聞)
<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)
<仏像展>新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更(毎日新聞)
<掘り出しニュース>飲んで寝ても大丈夫!? 深夜特急の停車時間延長 (毎日新聞)

<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)

 12日午前9時半ごろ、新潟市東区寺山のJR東日本新潟支社新潟新幹線車両センターで、停車していた新幹線車両から「不審な液体が見つかった」と110番通報があった。消防車23台が駆けつけ、現場は一時騒然となったが、約2時間後に液体は水だと判明した。

 江南署などによると、液体が見つかった車両は、前日午後11時51分に東京から新潟に到着した最終電車「MAXとき353号」で、定期検査のため基地に停車していた。検査をしていた社員が6号車後部デッキ付近で、縦10センチ、横10センチのビニール袋に入った液体を発見し通報した。【塚本恒】

母親、授乳期に最も負担は「寝かしつけ」47%(産経新聞)
日銀追加策に期待感=仙谷国家戦略相(時事通信)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕-警視庁(時事通信)
太陽の両極に強い磁場=黒点のもと、活動期予測に-衛星「ひので」で発見(時事通信)
「金総書記の肖像画外して」=朝鮮学校への府補助金凍結も-橋下大阪知事(時事通信)

<東海道新幹線>三島-静岡駅間で停電、2900人に影響(毎日新聞)

 16日午前9時45分ごろ、東海道新幹線三島-静岡駅間で、停電し、走行していた広島発東京行き「のぞみ110号」など上り3本が停車した。6分後に復旧したが、最大で13分遅れ、約2900人に影響した。JR東海が原因を調べている。

【関連ニュース】
JR東海:架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分
JR高山線:線路のボルト折れる…岐阜・下呂
リニア中央新幹線:中間駅建設、地元負担に自治体反発
リニア新幹線:「25年開業」遅れも 景気低迷でJR東海
リニア中央新幹線:整備計画などを交政審に諮問へ 国交省

上限料金制「予定の6月から」=前原国交相(時事通信)
衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)
シー・シェパード元船長、身ぶりで侵入再現(読売新聞)
雑記帳 豊後水道の魚は“億ション”暮らし 大分・津久見(毎日新聞)
バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)

太さ日本一のカシワ、青森にあった(読売新聞)

 青森県五戸町倉石中市地区にある県天然記念物「上村のカシワの木」の幹回りが約5・4メートルで、日本一太いカシワであることが、巨木愛好者グループ「東北巨木調査研究会」の調べでわかった。

 同研究会によると、上村のカシワは推定樹齢750年、高さ約22メートル、幹回り4・5メートルとされてきた。だが、会員の1人が1月末、「全国巨樹・巨木林の会」などの測定基準に従い、地上1・3メートルでの幹回りを計測したところ、約90センチも太いことがわかった。同研究会は14日、現地で正確な幹回りを計測し、最終確認する。

 「全国巨樹・巨木林の会」のデータベースによると、これまで太さ日本一のカシワは北海道様似町にあり、幹回りが5・2メートルだった。同研究会の高渕英夫会長は、「14日の計測結果を五戸町に伝えるとともに、樹勢を見守るなど保全にも協力していきたい」と話している。

執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化-鳩山首相(時事通信)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)

山崎まさよしさん 結婚 「僕はここにいる」などがヒット(毎日新聞)

 「僕はここにいる」などのヒット曲で知られるシンガー・ソングライターの山崎まさよしさん(38)が今月、結婚したことが6日わかった。相手の年齢や職業は公表しない。

<日本航空>女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
H&M 戎橋店オープン 関西初、開店前から長蛇の列(毎日新聞)
養殖の被害甚大 三陸で損失額算定急ぐ(河北新報)
大阪の十数台当て逃げ、容疑で男逮捕(産経新聞)
阿久根市長「お前たちとは話をしない」委員会退席(読売新聞)

電気機関車 EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)

 JR東日本東京支社は3日、東京都北区の田端運転所で、ブルートレイン(寝台特急)をけん引する新型電気機関車「EF510」を公開した。

 旅客用の電気機関車としてはJRグループ初の新型車両で、JR貨物が開発した。出力を旧型と比較して30%増強し、最高速度は時速110キロ。複数のモーターを個別に制御できるため一部が故障しても運行可能で、凍結防止装置も搭載している。走行試験後、上野-札幌間を結ぶ「北斗星」「カシオペア」をけん引する。

【関連ニュース】
SL:「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原
雑記帳:大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田
EF510:JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用
江ノ島電鉄 全線開通100周年 記念のヘッドマークで運行
掘り出しニュース:さよなら「くのいち号」 7日にイベント

弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)
ETC車種登録偽りバス運行=通行料詐欺で社長ら逮捕-千葉県警(時事通信)
殺人容疑などで少年再逮捕=共犯の少年も-宮城・石巻3人殺傷(時事通信)
鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)
<JR東日本>次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)

<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)

 信仰心や先祖を思う気持ちが深まればと、京都市の印刷会社が、わずか2ミリ幅の表面に「般若心経」や「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の文字を刷り込んだ線香を発売した。

 北区のサンケイデザイン(075・441・9125)が兵庫県淡路島の線香業者の協力で印刷に成功。紫色や小豆色の表面に白く経文が浮かび、別注で戒名も入れられる。

 48本入りで、文字数276の般若心経が2415円、少なめの南無阿弥陀仏などは2100円。少し高いが、これを供えてお経を読めば“ありがたさ”が倍増しそう。【野宮珠里】

【関連ニュース】
被告が法廷で読経 裁判長「だいたい合ってるね」
よこての全国線香花火大会:国産手持ち花火、無料で楽しむ
携帯電話で聞く「モバイルお経」 東京・了法寺がQRコード付きカード販売

元保育所経営者を書類送検 生後5カ月の女児うつぶせで死亡(産経新聞)
<高校無償化>衆院文科委が朝鮮学校を視察(毎日新聞)
参院選1次公認87人を発表=民主(時事通信)
阿久根市長に知事が苦言「公人として説明を」(読売新聞)
若手らが執行部批判=自民「期別懇談会」開催(時事通信)

阿久根市長の出席拒否、法の想定外に議会苦慮(読売新聞)

 開会中の市議会本会議への出席を拒否している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長。

 地方自治法には、自治体の首長が議会に出席しない場合の罰則規定はない。法の想定外のケースと言えそうだ。

 同法は115条で「地方公共団体の議会の会議は、これを公開する」、121条で「地方公共団体の長は、議会の審議に必要な説明のため議長から出席を求められた時は、議場に出席しなければならない」と定めている。

 竹原市長の対応はいずれの条文にも反している。総務省行政課は「議案の提案者である市長が議会に誠意ある対応を取っておらず、道義的責任は当然ある。しかし、法律には、議会に出席しなかった場合にどうするかという規定まではない。議長は出席を促し続けるしかない」と話す。

 市長はすでに予算案を議会に提出しており、議会が独自に審議し、議決することはできるという。同課は「議決にあたり、市長の説明を聞くことは法的要件ではなく、議会が完全に行き詰まるわけではない。ただ、予算の提案権は市長にしかなく、その説明を聞かずに進めるか、議会がどう考えるかにかかっている」と指摘する。

 事態打開のため、議員が市長不信任案を提出する方法もあるが、阿久根市では昨年4月にも不信任案が可決され、出直し市長選で竹原市長が再選されたばかり。

 反市長派の市議は「前回の市長選から1年もたっておらず、市民は一連の混乱にうんざりしている。不信任案を出すのなら、確実に勝てる候補が必要」と打ち明ける。市議らの間では、市内の若手企業経営者ら数人の名が挙がっているが、擁立に向けた具体的な動きには至っていない。市長が議会出席を拒み、議会側も打つ手がない異例の状態が続きそうだ。

 一方、1月に阿久根市の会社社長らが設立した市民団体は、竹原市長の市政運営や政治姿勢を検証し、改善の余地がなければリコール(解職請求)も辞さない、としている。

緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天(医療介護CBニュース)
疼痛ケア「受けたことない」が約6割(医療介護CBニュース)
島根女子大生殺害に懸賞金=有力情報最高300万円-警察庁(時事通信)
「個所付け」で首相陳謝、国交相ら処分も検討(読売新聞)
党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)

<東京マラソン>雨の中のレース 3万182人が完走(毎日新聞)

 「東京マラソン2010」(東京都など主催)が28日開かれ、市民ランナーや国内外の選手約3万5000人が都心の繁華街や臨海地区を駆け抜けた。

 銀座、浅草などを通り東京ビッグサイト(江東区)をゴールとするフルマラソンには3万2080人が参加。雨の中、午前9時過ぎに石原慎太郎都知事の号砲で都庁前(新宿区)をスタートした。7時間の制限時間内に94.1%に当たる3万182人が完走した。【鮎川耕史】

【関連ニュース】
東京マラソン:藤原正和が初優勝 日本人選手で初めて
東京マラソン:28日号砲…佐藤「勝負に徹する」
千葉国際クロカン:佐藤、柏原らエントリー選手決まる
猫ひろし:東京マラソン3時間切り 本名改名逃れる「次はオリンピック」
安田美沙子:「最後まで頑張って」参加ランナーにエール 「東京マラソンEXPO」

有料化で犬猫引き取り半減、安易な手放しに歯止め(読売新聞)
関東、九州で春一番=昨年より12日遅い-気象庁(時事通信)
覚せい剤、「着ぶくれ」で発見=体巻き密輸、容疑で逮捕-北海道(時事通信)
【Web】「ツイッター社長」台頭 つぶやきから聞こえるトップのホンネ(産経新聞)
国内後発品市場参入へ4月に「第一三共エスファ」設立(医療介護CBニュース)

インサイダーでテークス社の実質的経営者ら3人逮捕(産経新聞)

 東証2部上場の精密機器メーカー「テークスグループ」(神奈川県相模原市)の増資をめぐり、インサイダー取引をしたとして、大阪地検刑事部は25日、証券取引法(現・金融商品取引法)違反(インサイダー取引)の疑いで、東京の企業グループ「ワシントン・グループ」の自称社主で、テークス社の実質経営者、河野博晶被告(67)=同法違反罪などで起訴=ら3人を逮捕した。地検によると、3人とも容疑を認めているという。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも会社役員の久次孝幸(44)と佐藤智之(47)の両容疑者。2人は河野容疑者が経営に深くかかわっている別の会社の幹部や秘書役を務めていた。

 逮捕容疑は、テークス社が平成20年9月19日付で第三者割当による約20億円の増資を行うことを決定したうえで、公表前にテークス株を買い付けた。さらに、リーマン・ショックの影響で増資断念を決めながら、公表前にテークス株を売り抜けたとしている。

 河野容疑者らは一連の取引で数千万円の利益を得たという。

 地検と証券取引等監視委員会は今後、資金の流れを解明するとともに、ほかに関与した関係者数人からも事情聴取を進める方針。

【関連記事】
ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら
家電最大手の創業者起訴 中国、インサイダー取引などの罪で
親族の日立社員からインサイダー 金融庁が課徴金命令
「確実に儲かる」? TOB悪用のインサイダーが増加

土佐泊城
長妻厚労相と社保審委員らが異例の意見交換(医療介護CBニュース)
<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
石井一氏の“利益誘導”発言に首相「反省する」(産経新聞)
2グループ、きょう意見交換会(産経新聞)

採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職-埼玉県立大(時事通信)

 埼玉県は23日、定期試験の採点に女子学生を同席させ、試験結果をかさ上げし満点を与えたほか、延べ113人の成績評定を誤ったとして、同日付で埼玉県立大保健医療福祉学部の講師(44)を懲戒免職処分にしたと発表した。
 県によると、講師は2009年2月ごろ、研究室で08年度後期試験の「教育相談基礎理論」の採点を行っていた際、個人的な悩みの相談に乗っていた女子学生を立ち会わせていた。女子学生の成績は、選択式問題で40点満点中35点だったにもかかわらず、満点だった。
 また、リポートだけで評定が決まる科目では、リポートを提出したのに「不可」の学生や、提出していないのに「良」の学生がいたという。「不可」だった学生が大学に不服を申し立て、一連の不正が発覚した。
 県は、卒業や進級に影響が出た学生はいないとしている。講師は「事実で、反省している」と話しているという。
 佐藤進・埼玉県立大学長の話 教員が非行を起こしたことは決して許されない。事態を深刻に受け止め、再発防止に向け全力で取り組む。 

【関連ニュース】
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」

6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
「セクシー系」アプリ続々削除 アップルに開発者がブーイング(J-CASTニュース)
元格闘家を逮捕=女性の体触った疑い-警視庁(時事通信)
<函館政務調査費>住民側の請求一部棄却 最高裁(毎日新聞)
神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日(産経新聞)

五輪フィギュア 浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)

 「やったー」「すごい、真央ちゃん」--。バンクーバー五輪フィギュアスケート女子代表として、在校生の浅田真央と安藤美姫(トヨタ自動車)の両選手を送り出している中京大では24日、浅田選手が直前まで練習していた愛知県豊田市の中京大豊田キャンパスにあるスケートリンクに関係者が集まって応援した。

【速報中】女子フィギュアSP テキスト中継 全選手の得点も

 アイスアリーナ「オーロラリンク」は、フィギュアスケートのナショナルトレーニングセンターにも指定された施設。観客席には「Go! Chukyo」の横断幕。特別に設置された投影機で、壁面に選手の懸命な姿が映し出されると、浅田選手の仲間であるスケート部の選手や職員、学生ら約30人がスティックバルーンをたたきながら、盛んに「真央」や「中京」などと声援を送った。

 浅田選手の演技が始まると、緊張感に包まれたが、トリプルアクセルに成功すると、割れるような歓声。ジャンプが成功する度に、拍手と歓声に包まれた。【村社拓信】

【関連ニュース】
【写真特集】フィギュア女子 浅田、安藤、鈴木がそろって会見 晴れやかな笑顔で
【全文掲載】フィギュア女子 浅田、安藤、鈴木がそろって会見 一問一答
【写真特集】トリノ五輪の記憶:荒川静香が金メダル ノーミス演技で魅了
【浅田、鈴木が代表獲得した】写真特集・09年全日本フィギュア 浅田真央が復活の4連覇
【写真と詳報】高橋銅 悲願のメダルまでの道程 男子フリー 全選手の得点も

父運転の重機にはねられ、女児死亡 茨城(産経新聞)
再雇用拒否、2審も教職員敗訴=日の丸、君が代訴訟-東京高裁(時事通信)
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール-国交相(時事通信)
小林秀雄、幻の講演「本居宣長」テープ発見(読売新聞)
可能部分は地方移管=ハローワーク取り扱い-総務相(時事通信)
プロフィール

かばやかずあきさん

Author:かばやかずあきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。